葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

箸渡し(はしわたし)

火葬された遺骨を、木と竹を組み合わせた箸を使い、二人一組になって一つの遺骨をはさみ、骨壷の中入れてゆきます。地域によって、全員で行なうところと遺族と近親者のみで行なうところがあります。

「箸」は「橋」に通じるため、この世からあの世へ死者の魂を橋渡しする、三途の川を無事に渡る、という思いを込めて行なわれるものです。

語呂合わせで行なっているのなら迷信では?必要ないのでは?という考え方もあるのですが、二人一組になって小さい骨をはさみあげるには、神経を集中し、慎重に行ないますので、自然と大切に扱うようになり、遺骨を丁寧に扱う方法としては、良いのではないでしょうか。

「箸渡し」は「お箸の禁じ手」の中にもあげらています。箸と箸で料理のやりとりをしたり、箸ではさみあげた料理を別な箸でとることで、マナー違反の行為です。

周囲にいる人に不快な感情を与えないためにあるのがマナーですから、「箸渡し」以外の「お箸の禁じ手」にも気をつけましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.