葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

彼岸(ひがん)

春分の日、秋分の日を中心とした前後三日、合計七日間を「お彼岸」といいます。「お彼岸」にはお寺で法要が行われ、私たちはお墓参り等をして、先祖供養をします。

「彼岸」とは、仏教用語で「むこう岸」、いわゆる極楽浄土をあらわす言葉で、対語が「此岸(しがん)」といって「こちらの岸」、娑婆(煩悩や苦しみの多いこの世、現世)のことを意味します。

此岸から彼岸へ渡るためには“六波羅蜜”を実践しなければなりません。

布施…思いやりの心を持ち、人や社会のために尽くすこと。
持戒…定められた規律を正しく守り、自己研鑽すること。
忍辱…苦難に耐え、乗り越えていくこと。
精進…精一杯の力をもって、努力すること。
禅定…落ち着き、静かな心で行動すること。
智慧…洞察力をもち、正しい判断力を養うこと。

たとえ一つずつでも、努力を続け、実践していくことが「彼岸」へ渡るために大切なことなのです。

では、なぜ「お彼岸」は春分の日、秋分の日を中心にしているのでしょうか。

春分の日と秋分の日は、昼夜の長さが等しい「中道」のときです。仏教では、どちらにも片寄らなずにまっすぐである、という事で中道は尊ばれているので、この期間に“六波羅蜜”を実践し、彼岸へ渡る努力をしましょう、という考えからです。

また、極楽浄土は遥か西の彼方にあるので、真西に太陽が沈むこの日は、極楽浄土への道しるべになっているから、という考えもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.