葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

仏教(ぶっきょう)

仏教はキリスト教、イスラム教と並ぶ世界三大宗教のひとつです。

仏教は、文字通り「仏の教え」のことですが、その仏というのは“お釈迦様”のことです。

約2600年前にインドにあらわれたお釈迦様が、35歳でさとりを開かれてから80歳でお亡くなりになるまでの45年間、説かれた教えが仏教なのです。

インドに発した仏教は、後に中国、チベット、タイ、モンゴル、日本など、アジアを中心に広がってゆき、近年では欧米でも信仰が見られます。現代の日本では、お葬式から連想して、仏教に「死者のためのもの」というイメージを持つ方が多いようですが、仏教は≪人が幸せに生きるための教え≫です。

お釈迦様が開いた「さとり」は、「真理」の見きわめであったとされ、「真理」を「法」といい、このすべてのものに平等な真理の法を「仏法」と言います。法律を犯せば罰せられるように、仏法に背けばやはり罰をうけ、これが「因果の法則」といわれるものです。

「善い行いをすれば善い結果がうまれ、悪い行いをすれば悪い結果がうまれる」ということで、「悪いことをすると地獄に落ちる」「あの人はとても優しくて善い人だったから、きっと極楽浄土へいけますね」というのは、このことから考えられていることです。

今、生きている私たちにとっても、悪行をせず、善行を心がけていれば、自然とおだやかで幸せな人生をおくれるようになると思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.