葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

仏壇(ぶつだん)

「仏壇」とは、仏様を安置する壇(他より一段高くした設備)のことを言います。

現在では、各家庭にある箱型の厨子(両開きの扉がついて、仏像等を安置する仏具)を「仏壇」と呼んでいますが、本来はお寺にある須弥壇(しゅみだん)のことです。

仏教では「世界は“須弥山”という山を中心にして広がっている」と考えられていることから、仏様がおられる神聖な場所を、須弥山になぞられて「須弥壇」と呼ぶようになったと言われています。

家庭にある仏壇は、須弥壇を小さくしたものと考えられます。

仏壇を安置する場合は、南向きか東向きとされていますが、無理なときには部屋の上座に安置します。たとえ、南向きだとしても、家族から全く目が届かないような場所や、階段の下などに安置したのでは、供養の意味からずれてしまいますね。

「誰も死んでいないのに仏壇を買うなんて縁起が悪い」という方が多いと思いますが、仏壇は本来、仏様をおまつりするところですから、縁起が悪いということはありません。

宗派によっての違いはあると思いますが、仏様をおまつりし、故人や先祖の霊を供養する心は皆おなじです。

生活様式の変化にともない、コンパクトタイプ、壁掛け型、クリスタル製、モダンインテリア風といった仏壇がたくさん現れました。姿かたちが変わったとしても、仏壇に手をあわせる気持ちを大切にしたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.