葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

仏花(ぶっか)

お墓や仏壇に供える花のことを「仏花」と言います。

お店で「仏花、一束○円」として売られていることが多いので、よく見かける花だと思います。お墓も仏壇も花を供えるところが2ヶ所あるので、2つ1組み(一対)で買うことが多いのですが、必ずしも決まってはいません。

仏花に用いられる花の種類は、菊をメインにして、季節によってキンセンカ、カーネーション、スターチス、リンドウ、グラジオラス、ケイトウ等が使われ、ユリやトルコキキョウが入ると、金額が上がってきます。

菊を供えるのは、菊の芳香に邪気を払う力があるとされ、仏様を守ってくれると信じられているからです。また、仏事にお供えするものの数は奇数が基本ですので、仏花として売られているものは3、5、7本のいずれかが一般的です。

トゲのある花(バラ等)は供えない、と言われていますが、故人が好きな花であれば、仏壇に供えても良いと思います。ですが、法事に用いるのは、やはり控えた方がいいでしょう。

今では本物そっくりの造花があり、仏花もその一つです。これから暑い季節をむかえると、花はすぐ枯れてしまいますし、脱臭機能がついた造花もあります。

ですが、お寺によってお墓に供えるのは生花に限り、造花をあげてはいけないというところもありますので、ご確認ください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.