葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

満中陰(まんちゅういん)

仏教の死生観では、人が死んでから次の世に生まれ変わるまでの期間を、「中陰」または「中有」と言います。

「中陰」は、“どちらでもない”“中間的な存在”という意味で、「既にこの世の者ではなくなったが、次の世にも生まれ変わってもいない状態」のことです。

「天、人、修羅、畜生、餓鬼、地獄」の中から、どの世に生まれ変わるかは、この世での行いによって決まるもので、七日ごとに七回、審判がくり返し行なわれます。

故人が善い生まれ変わりをすることを願い、僧侶の読経や焼香で供養をするのが、初七日から七日ごとに行なわれる法要です。

初七日は葬儀当日に一緒に行なうのが一般的になっていますが、実際の初七日には遺族だけでも供養をおこないましょう。

7回めの審判となる49日目、次に生まれ変わる世が決められる最終的な審判がくだされ、「中陰」の期間は満了となります。中陰の期間が満了したので「満中陰」となるのですが、この日が49日目にあたることから「四十九日」とも言います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.