葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

三具足(みつぐそく)・五具足(ごぐそく)

ロウソクを立てて火を灯すための燭台、花を立てる花瓶、香を焚く香炉の三つを「三具足(みつぐそく)」といい、最も基本となる仏具となります。

燭台と花瓶が一つずつ増えて一対となり、香炉とあわせた五つが「五具足(ごぐそく)」で、法要などの特別なときだけに使われるものです。

もともと三具足しか無い場合は、法要のときも三具足のままでも大丈夫です。

三具足の場合は、香炉を中心として、向かって右に燭台、左に花瓶を置きます。(花瓶・香炉・燭台の順です)五具足の場合は、やはり香炉を中心として、香炉の両脇に燭台、燭台の外側に花瓶を置きます。(花瓶・燭台・香炉・燭台・花瓶の順です)

仏教には“六波羅密”という供養の行があり、仏前に供える水・焼香・御食・塗香・花・灯明には、それぞれに意味があります。

水は施しの心、焼香(線香)は仏の教えを守り行なう精進の心、御食は心の安らぎ、香(塗香)は自らを戒めて約束を守る心、花は耐え忍ぶ心、灯明は暗闇を払う光、智慧をあらわしています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.