葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

無宗教葬(むしゅうきょうそう)

「無宗教葬」とは、僧侶等の宗教者を招かず、焼香のような宗教的な意味を持つ儀礼を行なわない葬儀のことです。
宗教を信じないという意味ではなく、宗教色が感じられない、その人その人がオリジナルで演出する、といった葬儀となります

無宗教葬はまだ馴染みがうすいため、通夜、葬儀・告別式のすべてを無宗教葬で行なうことは少なく、通夜、葬儀を身内だけの家族葬でおこない、日をあらためて行なうお別れ会を、無宗教葬形式とする方が多いようです。

会場は交通の便が良いホテルを選ぶ場合が多く、音楽、料理、花、室内装飾など、自由に演出をします。式次第には特にきまりはないのですが、友人によるスピーチやビデオなどで故人を偲び、食事をしながら思い出を語り合い、冥福を祈るものです。

宗教的な儀式はしないのですが、故人の霊を慰めるために花を捧げる献花や、献灯(可愛らしいキャンドルで)を行なうこともあります。

「無宗教葬」を希望する人の数は年々増え続けています。葬儀を、「死者を弔う儀式」というより、「人生最後のセレモニー」と考え、自分らしさを求めていることの、あらわれではないでしょうか

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.