葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

冥土・冥途(めいど)

死者の魂が、行き先が定まらず、さ迷い歩く暗黒の世界を「冥土・冥途」と言い、黄泉、黄泉路などと言われることもあります。

人の魂は、死後49日間、次にどの世界に生まれ変わるのか(転生するのか)、七日ごとに七回、裁きを受けると言います。

49日めに閻魔大王から最終的な審判がくだされるまでは、この世の者でもなければ次の世界の者でもない、暗黒の闇の中をさ迷っている状態にあり、この闇が「冥土」と言われるものです。

審判がくだされると、死者の魂は、ようやく冥土での旅を終えて、次に生まれ変わる世界へと向かうことが出来るのです。

「ご冥福をお祈りします」は、冥土の旅が無事に終わることを祈るもので、故人の死後49日間おこなわれる追善供養は、故人が次に善い世界へ生まれ変わることを願って営まれる法要です。

「死」についての考え方は、国、宗旨・宗派、そして個人によってもそれぞれ異なります。故人が信仰した宗教の作法に従い、尊重して、葬儀に参列したいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.