葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

喪主(もしゅ)

遺族を代表し、葬儀を主催する人を「喪主」と言い、故人に最も近い人が喪主をつとめるのが一般的ですが、遺言で指定されることもあります。

夫婦の場合は配偶者が喪主となり、配偶者が既に亡くなっているか、高齢の場合などは、成人した子供が喪主となります。

「喪主」の大切な仕事は、弔問をうけることです。

葬儀委員長や世話役は、葬儀のさまざまな雑事を受け持ち、喪主が弔問の応対に専念できるように、サポートをする役割をはたします。

「喪主」に対して、「施主」は葬儀費用を負担して運営に責任を持つ人のことを言い、喪主が高齢の場合その子供が施主を、あるいは喪主が未成年の場合その親族が施主となることがあります。

また、喪主は遺族を代表して、僧侶や会葬者への挨拶を行います。

挨拶の場面は、僧侶、弔問客への応対のとき、通夜ぶるまい、告別式の終了時、出棺の挨拶、となります。

応対の仕方や挨拶文については、定型文のようなものがありますが、心を込めて、丁寧に述べるものであれば、型にはまる必要はありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.