葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

喪中(もちゅう)

「喪中」とは、遺された家族が喪に服す期間のことを言い、故人の死を悼み、礼儀をもって自らの身を慎むものです。

一般的には父、母、子、兄弟姉妹、義父、義母が亡くなった場合「一年間」の喪に服しますが、祖父母、義理の兄弟姉妹の場合も、喪中とすることがあります。

喪中には、結婚式などの慶事のほか、派手な遊興、神社への参拝、お正月飾り、新年の挨拶まわり等を控えるならわしがあり、年賀状も欠礼とします。

年賀状や新年の挨拶まわりについては、仕事の都合上、欠かすことができない方もいらっしゃると思いますが、そういった場合は、ご家族と相談のうえ、仕事関係の方にだけ行なう等の方法をとってください。

喪に服すという行為は、古くから行なわれてきたもので、死者に対する哀悼の気持ちに変わりはないと思うのですが、月日が流れ、時代が変わってくると、昔のままでいることは難しくなってくるものです。

「喪中」の過ごし方については、故人との関わりの深さや、地域の風習、宗教的な考えの相違もありますので、それぞれに合った方法と気持ちで、喪に服すようにしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.