葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

喪服(もふく)

現在では、葬儀のときに着用する黒無地の服を「喪服」と呼んでいますが、もともと、喪服は“喪に服している者”がきる着物という意味で、黒ではなく、「白」が本来の日本の喪服の色だったのです。

今でもご遺体に白装束を着せていますが、昔は、遺族も同じように白い着物を着て、葬儀をおこなっていたため、「野辺送り」では、白い着物をきて参列する遺族の姿が見られました。

また、喪服は“喪に服している者”が着るとされていたため、今のように参列者全員が着るものではありませんでした。
喪服が黒色になったのは、それほど大昔のことではなく、欧米の文化が取り入れられ、喪服の色を「黒」とするようになったのは明治時代のことで、参列者全員が喪服を着るのは昭和になってからのことです。

喪服の事ではありませんが、毛皮のコートや爬虫類の皮をつかったバックは、殺生を戒める仏教にはふさわしくありません。ひんしゅくをかうことになりますので、注意してください。

また、故人との間柄が三親等以内の人が「正装の喪服」を着るようになります。それ以外の人は、親族より格が上にならないように「略式の喪服」を着るようにします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.