葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遺言、遺言執行者(ゆいごん、ゆいごんしっこうしゃ)

「遺言」とは、生前の最終的な意思を、遺言者の死後、確実に実現させるための法律にもとづいた制度です。

主に、財産の分配と事業の後継者について遺言することが多いのですが、法律上、遺産の相続権がない者に相続させたいという場合や、逆に相続させたくない者への対処、財産の寄付を希望すること等、正式に遺言することによって、すみやかに実現されるものです。

遺言の作成方法については、民法で細かく定められていますので、せっかく書いた遺言書が無効にならないように、行政書士などの専門家に相談しながら作成すると良いと思います。

「遺言執行者」は、「遺言書」の内容を実現されるため、遺産の管理や分割など、遺言を執行する権利を持った人のことで、未成年者と破産者以外なら、誰でも遺言執行者になることが可能です。ですが、かなりの専門知識を要しますので、やはり、専門家に依頼する方が良いと思います。

遺言というと、遺産相続の争いをイメージされるかもしれませんが、遺言は、自分がいなくなった後、遺族が戸惑わないための思いやりとも考えられるものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.