葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

友人葬(ゆうじんそう)

一般的な意味では、友人が主催して行なう葬儀のことを「友人葬」と言いますが、現在では創価学会の葬儀を「友人葬」または「学会葬」と呼ぶようです。

僧侶を招かず、「儀典長」を中心として会員が「お題目」を唱え、葬儀全体を会員のみで行なう形式のため、お布施の必要がありません。また、学会の仲間同士が葬儀の手助けをしてくれるため、近くに親戚等がいない方なども安心してお任せできる、ということです。

基本的に香典は包まないとされていますが、強制的なものではありません。

式場となる葬儀会館でも、学会以外の方が参列しても戸惑うことがないように、案内係を配置したり、マニュアルを作成して、「友人葬」に対応していているようです。

友人葬では、故人が所属していた地域のブロック長が「儀典長」をつとめ、遺族、友人、同志などで故人の冥福を祈ってお題目を唱えます。地域の学会員の方が参列して、たくさんの学会仲間に見送られることが多いようです。また、戒名を授けることはしないため、俗名での葬儀となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.