葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

臨済宗(りんざいしゅう)

「臨済宗」は、臨済義玄を宗祖とする宗派で、妙心寺派、健仁時派など多くの分派を有しています。

臨済宗の教えは、人の心にはたらきかけ、自ら生まれながらにそなえ持つ尊厳、本質を悟り、その尊さを把握することにあります。

臨済宗は禅宗なので、看話禅(かんなぜん)と呼ばれる行をしますが、これは師匠が“公案”という問題を出し、弟子が身体全体をつかって理論を越えた答えを見い出すものです。

そして“参禅”を行い、師匠が弟子と一対一で対面し、弟子が出した答えを検証して確かめてゆき、師匠と弟子が対面するかたちは、お釈迦様が弟子達に継承していったかたちにならったものです。

臨済宗では“あらゆる命との共存”に感謝するため、おまつりする神仏の数はさまざまで、経典に依存することもありません。

白木位牌の一番上には、「一切空」をかたどった輪をあらわす「○」を刻み、戒名の上に「新帰元」、下は「霊位」とします。仏壇の祀りかたについては、ご本尊を釈迦如来とするところが多いのですが、ご本尊も脇掛、または飾り方については、各分派によって異なるため、ご自分の菩提寺と相談されることをお勧めいたします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.