葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

鈴(りん)

鈴(りん)は仏具の一種で、仏様にお参りするときに、専用のりん棒を使って鳴らすものです。

ふだん、各家庭で仏壇に手をあわせるときに鈴(りん)を鳴らしますが、葬儀のときには僧侶だけが鳴らします。鈴(りん)を鳴らすときに、内側、外側どちらを打ち鳴らすかは、宗派によって異なりますので、菩提寺に聞いてみると良いでしょう。

鈴(りん)には小さな座布団のようなものを敷き、鈴台の上に置いて使うもので、大きなものは磬子(けいす)と言います。

価格は大きさによって変わり、主に真鍮でつくられていますが、中には純金製の鈴(りん)もあります。

仏壇を購入すると、ほとんどが仏具一式がセットされていますが、自分で選ぶ場合は、デザイン性に富んだ鈴(りん)がたくさん出回っていますので仏具店のサイトをご覧ください。

仏壇の鈴(りん)は、毎日つかっているうちに色がくすんでくると思います。そういった時にはりん専用のクリーナーがありますので、丁寧にみがいてください。

また、少々値がはりますが、変色を防ぐために加工したものもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.