葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

霊安室(れいあんしつ)

「霊安室」は、病院等で一時的に遺体を安置しておく部屋のことです。

今では、ほとんどの方が病院でお亡くなりになるため、病院から葬儀社へ遺体の搬送を依頼し、なつかしい自宅へ帰る方が大部分をしめているようです。

ですが、中には住宅事情等から自宅に戻ることが難しいといった事情から、葬儀、火葬までのあいだ、自宅以外の場所に遺体を安置することもあります。

葬儀式場の霊安室に安置する場合は、遺族が一緒に過ごせる施設が整っていますので、ゆっくりと故人とお別れすることができます。

もし、葬儀式場の霊安室が都合がつかなかった場合は、火葬場霊安室を利用するようになりますが、火葬場霊安室にはいくつかの規制が設けられています。(火葬場により規制内容は異なります)

受け入れ時間が決まっていることや、納棺された状態であること、遺族の付き添いができないこと等です。また、夜間には人気がなくなることから火気厳禁のところが多いので、線香やロウソクも禁止されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.