葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

霊柩車(れいきゅうしゃ)

「霊柩車」とは、ご遺体の搬送をおこなう自動車のことです。

「貨物自動車運送事業法」により、運輸省の許可を得ていない葬祭業者が、ご遺体の搬送をおこなって料金を受け取ると法律違反となります。

業者が「遺体搬送の料金は受け取っていない」としても、「遺体搬送」は葬儀費用に含まれるものとみなされ、やはり、違反とされます。

霊柩車がつかわれはじめたのは大正時代に入ってからですが、これは、それまで主に行なわれていた葬送方法である「野辺送り」が廃止され、火葬が急激に広がりをみせてきた頃でした。

以前よく見かけた霊柩車は、「宮型」と言われるもので、「野辺送り」のときにお柩を入れていた輿(こし)をあらわしています。

最近では、外観は霊柩車とはわからない、シンプルな「洋型」を希望する人が増えていて、遺族も一緒に乗ることができる「バス型」もあります。

病院から自宅まで、ご遺体を搬送する車を「寝台車」とわけて呼びます。

それは、霊柩車が“ご遺体が入れられた柩”を埋葬地へ葬るための「野辺送り」がもとになっているからです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.