葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

霊祭(れいさい)※神道

仏式の法要にあたるものを、神道では「霊祭(れいさい)」、または「御霊祭(みたままつり)」と言います。

故人が亡くなった日から数えて十日ごとに、十日祭、二十日祭、三十日祭、五十日祭を行いますが、仏式の忌明け法要にあたる「五十日祭」は特に丁寧に、盛大に行なわれます。

霊祭は自宅や墓前、斎場などで行い、神職を招き、祭壇に供物を供え、全員で玉串奉奠などを行います。

亡くなってから一年後に行なわれる「一年祭」は、仏式の一周忌に相当しますので、近親者や友人知人を招いて盛大に行います。

一般的には「一年祭」までは「神葬祭」の延長と考えられていて、「一年祭」以降の儀式では「祖霊祭」と呼び方が変わります。これは、故人の御霊が守護神として祖霊の仲間入りをしたと考えられているためで、「祖霊祭」は三年祭、五年祭と続き、十年祭からは十年ごとに行なわれます。

また、神道のお墓は「奥津城(おくつき)」といい、お参りをするときには線香は供えませんが、米・塩・水・酒・榊のほか、故人が生前好んだ食べ物、お花を供え、拝礼します。

故人の御霊はその家の守護神となり、子孫を見守り続けます。

霊祭はもちろん大切ですが、毎日拝礼を欠かさず、故人を想う家族の心が、故人の御霊をおまつりする最高の方法のように思われます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.