葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

霊璽(れいじ)

霊璽(れいじ)は、仏式でいう位牌にあたるものです。

神道では、故人の御霊(みたま)を霊璽に移し、家族の手によってお祀りすることで、故人はその家の守護神となり、子々孫々にわたって守り続けると考えられています。

また、霊璽は故人の御霊が宿った神聖な依代でもあるため、御霊代(みたましろ)とも呼ばれています。

霊璽の形はさまざまですが、白木の角柱の霊璽に、錦袋(布でできた覆い)がついたものが一般的です。

戒名は「仏様の弟子になったときにつけられる名」ですので、神式の霊璽には、霊号(れいごう)を記します。氏名の下に命(みこと)とつける「○○○○命」という霊号が最も多く、命の前に、男性は大人(うし)、女性は刀自(とじ)、子供は彦、姫という字をつけることもあります。

霊璽の表面には、○○○○命之霊と記し、裏面には帰幽した(亡くなった)年月日、故人が亡くなったときの年齢を、平成○年○月○日帰幽 享年○歳と記入します。

霊璽は常に丁寧に取り扱い、祖霊舎(仏式の仏壇にあたるもの)の内扉の中に安置して、毎日、拝礼します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.