葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

六道輪廻(ろくどうりんね)

仏教では、人が“死ぬ”ということは、この世界での“命”が終わることを示し、その“命”は新しい世界に生まれかわりをする、とされています。

そして、その生まれかわりは終わることなく、はてしなく繰り返され「輪廻」となります。

今、生きている世界での“行ない”によって、六つの世界の中からに生まれ変わり先が決まるとされ、その世界を「六道」と言っています。行いによっては、次も人間に生まれ変わってくるとは限らない、ということです。

「六道」とは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道のことで、それぞれの世界には住人がいます。

「天道」は神が住むところで、「人間道」は私たちが生きている世界、「修羅道」には修羅(鬼に近い神)が住み、争いが絶えません。「畜生道」には動物たちが住んでいて、欲深い人は「餓鬼道」で常に腹をすかせてやせ細り、罪深い人は「地獄道」で閻魔大王の裁きをうけて8種類の地獄のいずれかに落とされる、というものです。

昔からよく言われる「悪いことをすると地獄に落ちてしまいますよ」というのは、ここからきた話しなんですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.