葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

六文銭、六道銭(ろくもんせん、ろくどうせん)

死者が“三途の川”を渡るためのお金、または天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の“六道”に一文ずつ、合計六文をおいてくため、死者に持たせるお金、という言い伝えからお柩に入れるのが「六文銭」で、「冥銭」とも言われています。

火葬が主流となった今では、硬貨を入れることを禁止している自治体が多く、かわりに紙で出来た六文銭を入れるところがほとんどです。

おそらく、無事に三途の川を渡ってほしい、餓鬼道や地獄道に落ちないでほしい、といった遺族の思いから生まれたのだと思いますが、迷信的な風習のようです。

個人的な考えですが、「あの世」というものが「この世」から持っていったお金で何とかなるものなのか?お金を使えば浄土へいけるのか?という疑問がわいてきます。

ですが、古くから行なわれている風習であり、全国的なものですから、急に「やめる」というわけにもいかないようです。長年おこなわれてきたものですから、「故人が無事にあの世へと行けますように」と願う気持ちを尊重した風習としてとらえていきたいと思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.