葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

別れ花(わかればな)

最後のお別れとなる出棺の時に、故人に供える花のことを「別れ花」と言います。

遺族や近親者のみで行うもので、対面しながら一輪ずつ花を供えて遺体の周囲を飾り、故人の冥福を祈ります。

このとき、他の方々は部屋の外で待っていただくようになりますが、大声でおしゃべりをしたり、うわさ話をするようなことのないように、くれぐれもご注意ください。

「別れ花」の花は、葬儀会場に飾られた花を使う場合がほとんどですが、別に用意することもあります。「故人が好きだった花を供えてあげたい」という希望があり、その花の種類が、あまり葬儀に使われることのない花(ヒマワリ、バラ、チューリップ等)のときです。

よく「トゲのある花はいけない」と言われていますが、どんな種類の花であっても、これからあの世へと旅立つ故人の霊魂を慰めることには、変わりはないと思います。

また、無宗教葬のときに、故人に哀悼の意を表して捧げる花を「別れ花」と言う場合もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.