葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

「しきたり」が多い葬儀

もしもご家族のどなたかが亡くなられたときは…。

悲しいお気持ちを抱えたまま、たいへんな事だとは思いますが、やらなくてはいけないことが数多くあります。

一昔前までは、ご近所の葬儀に詳しい方がいろい…

»詳細を見る

お通夜なのに…

「通夜」は本来、ご遺体に邪な霊がとりつくことを防ぐために、一晩中おきていて見守る、といったものでした。

ですが、現代では参列者は身内に限らず、時間も1時間程度の「通夜式」としておこない、その後「通夜…

»詳細を見る

告別式で最後のお別れ

告別式は、故人と親族ほかの親しかった人たちとのお別れの場でもあります。喪主となった方は、今はまだ気がはっているとは思いますが、あまり無理をせずに、できるだけお身体を休めるようにしてください。

とは言…

»詳細を見る

葬儀が終わって、もう一仕事

葬儀が一通り終わったあとでも、まだやらなくてはいけない仕事があります。

まず、会葬者の名簿や香典帳、香典を係の者から引き継ぎますが、後のトラブルの元とならないように、よく確認してから受け取ってくださ…

»詳細を見る

とるものもとりあえず…

もし、訃報を受けたら…。

まず「お悔やみの言葉」を述べてから、通夜・葬儀の日時を必ず聞き、未定なら後ほど知らせてもらうようにします。話しは簡潔に、他に連絡をする人はいないか、手伝いは必要か、といった…

»詳細を見る

ご冥福を祈る心

告別式に参列するときの基本は、「ご遺族の心情を思いやること」です。これを基本にすれば、参列するときの言動が自然と決まってくるのではないかと思います。

喪服での参列の際、「黒」ならすべて良いとは限りま…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.