葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

真っ先に何をすればいいの?

大切な方が亡くなられたら…。

今はほとんどの方が病院で亡くなっていますので、死亡診断書を受け取り、ご遺体を搬送する葬儀社に連絡します。

特に決まったところが無ければ、病院が指定する業者に頼むこと…

»詳細を見る

納棺式

ご自宅等で布団に寝ている状態の故人を、お棺に納めることを「納棺」といい、亡くなった当日に行われます。

納棺の前に、御身体を清め、死装束に着替えさせますが、本来なら臨終直後におこなう「末期の水をとる」…

»詳細を見る

お通夜

通夜は本来、死者に邪霊がよりつかないように、夜を徹してお守りするために行われていたものです。

やがて、親族や親しい者が故人との最後の夜を一緒に過ごす、というかたちになり、今では2時間ほどの「半通夜」…

»詳細を見る

告別式

本来、葬儀と告別式は分けて行われるものでした。

葬儀は遺族や近親者が故人の成仏を祈るもので、告別式は友人・知人が故人とお別れをするための儀式だからです。ですが、最近では特に分けることはなく「葬儀・告…

»詳細を見る

火葬

「火葬許可証」は、役所に死亡診断書を届け出て、受理されたときに交付されるものですが、「火葬許可証」がないと火葬することができません。通常、葬儀社が代行して手続きをおこないます。

火葬のあとに発行され…

»詳細を見る

忌明け法要・納骨

仏教では、亡くなった日から七日ごとに法要をおこない、四十九日で故人の魂が家から離れ、あの世の者となる、ということから「忌明け」となります。(地域によっては三十五日)

亡くなった当日から数えて7日目が…

»詳細を見る

盂蘭盆会(うらぼんえ)

7月13日~16日、あるいは8月13日~16日の4日間、盆棚づくりをして先祖の霊を迎え、供養する期間を「お盆」といいますが、お盆の正式名称が「盂蘭盆会」です。

盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、インドの古典言語であるサンスク…

»詳細を見る

盂蘭盆会(うらぼんえ)

7月13日~16日、あるいは8月13日~16日の4日間、盆棚づくりをして先祖の霊を迎え、供養する期間を「お盆」といいますが、お盆の正式名称が「盂蘭盆会」です。

盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、インドの古典言語であるサンスク…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.