葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

墓(はか)

お釈迦様が亡くなった後、遺骨をまつって仏塔を建てました。これが「お墓」の起源となったもので、仏教とともに日本に伝わり、平安時代には武士、貴族などの上流階級の墓地に石塔が建てられるようになりました。

»詳細を見る

箸渡し(はしわたし)

火葬された遺骨を、木と竹を組み合わせた箸を使い、二人一組になって一つの遺骨をはさみ、骨壷の中入れてゆきます。地域によって、全員で行なうところと遺族と近親者のみで行なうところがあります。

「箸」は「橋…

»詳細を見る

花輪(はなわ)

「花輪」は、故人を偲び、哀悼の意をあらわすために贈る供花の一種で、造花で出来た輪の下に三脚がついていて、お通夜や葬儀会場の外に並べて立てかけるものです。一般的には、会社、団体、町内会、親戚一同、同窓生一…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.