葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

彼岸(ひがん)

春分の日、秋分の日を中心とした前後三日、合計七日間を「お彼岸」といいます。「お彼岸」にはお寺で法要が行われ、私たちはお墓参り等をして、先祖供養をします。

「彼岸」とは、仏教用語で「むこう岸」、いわゆ…

»詳細を見る

棺、柩(ひつぎ)

棺と柩。
両方とも「ヒツギ」と読みますが、どういった違いがあるのでしょうか。

簡単に言うと、中に何も入っていない状態のものが「棺」で、ご遺体が納められたものが「柩」です。あらためて見直してみると、か…

»詳細を見る

百か日(ひゃっかにち)

亡くなってから、ちょうど100日めにあたる日が「百か日」で、正確には「百か日忌」と言い、「卒哭忌」とも言われています。以前はこの日にも法要を営んだものでしたが、現代では身内だけの供養か、お墓参りをするこ…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.