葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

法事、法要(ほうじ、ほうよう)

「来週、親戚の法事に行く予定があります」「法要の席で、皆が伯父を懐かしみ、思い出話をしていました」など、現在では「法事」と「法要」は同じような使われ方をしていますが、本来の二つの意味は次のようになります…

»詳細を見る

墓誌(ぼし)

本来の「墓誌」は、故人の名前や経歴、業績などを金属や石に刻んだものを、柩と一緒に埋葬するものでした。

現在では、墓地内の地上に建てられ、故人の戒名、俗名、死亡年月日、享年(死亡時の年齢)等を刻んだ石…

»詳細を見る

菩提寺(ぼだいじ)

先祖代々のお墓があるお寺、または新しくお墓を求めたお寺のことを「菩提寺(ぼだいじ)」と言います。

インドのサンスクリット語。bodhi(ボーディ)の読みを漢字にあらわしたものが「菩提」で、「やすらかな“さとり…

»詳細を見る

ホテル葬(ほてるそう)

家族葬での葬儀を終えた後、遺族、親族、友人、知人といった親しい方々を招き、ホテルを会場として行なわれるお別れ会や偲ぶ会を「ホテル葬」と言います。

ホテルはたくさんの人が出入りするところですから、通常…

»詳細を見る

本尊(ほんぞん)

宗教はさらに宗派へと細かく分けられますが、それぞれの宗派の“教え”の根本となり、信仰の対象として形にあらわされたものが「本尊」です。

本尊とは「根本として尊敬すべきもの」という意味の、信仰の対象とな…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.