葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一膳飯(いちぜんめし)

安置されたご遺体の枕元に飾る祭壇を“枕飾り”と言いますが、枕飾りにお供えするものの一つに「一膳飯」があり、死者にとってはこの世での最後の食事となるものです。

「一膳飯」は「枕飯」とも言い、故人が生前…

»詳細を見る

一蓮托生(いちれんたくしょう)

「一蓮托生」は、現在では行動を共にする時に使われている言葉ですが、あまり良い結果が期待できないとき等に使われることが多いようです。

本来は仏教用語であり、「人は死後、極楽浄土で同じ蓮の上に生まれ変わ…

»詳細を見る

院号(いんごう)

「院号」とは、社会的に大きな貢献をして功績を残した人や、身分や地位が相当に高い人、寺の建立などを行なって寺院に尽くした人に贈られる特別な戒名のことです。最高位のものが院殿、次いで院という順になっています…

»詳細を見る

一周忌法要(いっしゅうきほうよう)

故人が亡くなった日から、ちょうど1年後にあたる祥月命日(しょうげつめいにち)におこなう法要を「一周忌法要」といいなす。

一周忌法要は、読経、焼香、法話、会食という流れで行なわれ、当日にお墓参りをする…

»詳細を見る

インターネット葬(いんたーねっとそう)

インターネットの急速な普及には目をみはるものがあります。「インターネット葬」も、そんな時代の流れで生み出されたもののひとつと言えるかもしれません。

インターネット葬は、インターネットを通して、会場か…

»詳細を見る

忌(いむ)

葬儀に関する事柄の中で、喪主、喪家、喪中、忌中、忌日、忌明けなど、「忌」「喪」の2文字をよく目にすることと思います。

「喪」は「故人の親族が一定期間、世を避けて身を慎み、故人を追悼する礼」を意味しま…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.