葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

忌明け(きあけ)

「忌明け」は、喪の期間があけることを言い、一般的に死後49日後を「忌明け」とするところが多いようです。

49日後とするのは、お釈迦様が49日のあいだ瞑想を続けてさとりを開き、新しく生まれ変わったという仏教の教え…

»詳細を見る

帰依(きえ)

「帰依」は、もともとサンスクリット語で保護所、避難所をあらわすものでしたが、仏教用語では「すぐれたものに自己の身心を帰投して依伏する」ということから、「信仰する」という意味となっています。

また、仏…

»詳細を見る

忌中(きちゅう)

近親者が故人の死を悼み、身を慎んで喪に服す期間を「忌中」といい、通常、忌明けまでの死後49日間(神式の場合は五十日祭まで)を示します。

故人との縁が深い近親者が喪に服す期間のことで、一般的には二親等ぐら…

»詳細を見る

忌日(きにち)

人が亡くなった日のことを「忌日(きにち)」と言い、私たちがふだん使っている言葉に置き換えると「死亡年月日」ということになります。

「忌日」は「命日」とも言われ、死後100日後まで行なわれる7日ごとの法要を「…

»詳細を見る

帰家祭(きかさい)※神道

火葬を終えて火葬場から戻った遺族たちは、家に入る前に、火葬場に同行しなかった人が用意した「手水」で身を清め、塩で祓ってもらいます。

お祓いがすんだら家に入り、仮祭壇に遺骨と霊璽(仏式でいう位牌)を安…

»詳細を見る

帰幽祭(きゆうさい)※神道

神葬祭が“聖域”である神社で行なわれることは絶対にないため、式場は自宅か斎場になります。

神道では、死亡したことを「帰幽」といい、故人の氏神(生まれ故郷の神)となる神社に「帰幽報告」を行ないます。

»詳細を見る

清祓いの儀・五十日祭(きよはらいのぎ)※神道

神道では、亡くなった日から五十日目が忌明けとなります。そのため、忌明けにおこなわれる「五十日祭」は、仏式の「四十九日法要」と同様に大切な霊祭(神式でいう法要のこと)であり、盛大におこなわれるものです。

»詳細を見る

清め塩(きよめじお)

火葬場で荼毘にふされ、遺骨となって自宅に帰ってきた時、火葬場に同行しなかった第三者が塩をふりかけて清めることを「清め塩」と言います。

地域によってですが、葬儀に参列した人が、自分の家に入る前に塩で清…

»詳細を見る

キリスト教(きりすときょう)

キリスト教は、仏教、イスラム教と並び“世界三大宗教”のひとつとされています。信者数は欧米を中心に世界中で20億人を超えており、最も信者数の多い宗教と言えます。

キリスト教の宗派は、大きくカトリック(旧教…

»詳細を見る

供花(きょうか)

葬儀で生花を供えることを「供花(きょうか)」と言います。葬儀のときに、故人を偲び、成仏を祈りながら供える花は、美しい浄土を表すとされ、「この花のように美しい浄土へ向かってください」という気持ちを込めて供…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.