葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

木魚(もくぎょ)

「木魚(もくぎょ)」は、僧侶が読経するときにたたき、リズム整えるものです。

僧侶が右側に置かれた木魚を「ポク、ポク、ポク」と、たたく姿は、葬儀のときに見るお馴染の光景だと思いますが、リズムを整える他…

»詳細を見る

喪主(もしゅ)

遺族を代表し、葬儀を主催する人を「喪主」と言い、故人に最も近い人が喪主をつとめるのが一般的ですが、遺言で指定されることもあります。

夫婦の場合は配偶者が喪主となり、配偶者が既に亡くなっているか、高齢…

»詳細を見る

喪中(もちゅう)

「喪中」とは、遺された家族が喪に服す期間のことを言い、故人の死を悼み、礼儀をもって自らの身を慎むものです。

一般的には父、母、子、兄弟姉妹、義父、義母が亡くなった場合「一年間」の喪に服しますが、祖父…

»詳細を見る

喪服(もふく)

現在では、葬儀のときに着用する黒無地の服を「喪服」と呼んでいますが、もともと、喪服は“喪に服している者”がきる着物という意味で、黒ではなく、「白」が本来の日本の喪服の色だったのです。

今でもご遺体に…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.