葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

市民葬(しみんそう)

「市民葬」とは、各自治体が葬儀業者と協力しあって行うもので、葬儀の基本となる部分に必要な料金を、低価格で提供するサービスのことです。

実施していない自治体もありますが、そういった場合は、低価格で葬儀…

»詳細を見る

社葬(しゃそう)

「社葬」とは、会社に大きな功績を残した人のために、会社が費用を負担し、主体となって執り行う葬儀のことです。

故人を偲び、哀悼の意を表すことは、個人の葬儀と変わらないのですが、社葬の場合、取引先や各界…

»詳細を見る

宗旨(しゅうし)

仏教、キリスト教、イスラム教などの「宗教」には、必ず「宗旨」が存在します。「宗旨」とはその宗教の中心となる教義のことで、教えの基本理念とも言えます。さらに、同じ宗教の中で、さらに細かく教義によって分かれ…

»詳細を見る

数珠(じゅず)

仏事には欠かせない「数珠」ですが、その歴史は古く、古来、インドの儀式に用いられたことに発し、その後、密教の僧侶が使い始めたことから、仏教とともに日本へと伝わってきたものです。

「数珠」は「念珠」とも…

»詳細を見る

樹木葬(じゅもくそう)

「樹木葬」とは、墓地として認可されている山林にお骨を埋葬し、墓石のかわりに樹木を墓標とする葬送法です。日本での樹木葬の歴史は未だ浅く、あるお寺の住職が、所有する山を墓地として登録して樹木葬を行なったのが…

»詳細を見る

出棺(しゅっかん)

火葬へ向けて、お柩に安置されたご遺体を送り出すことを「出棺」と言います。

以前、自宅で葬儀を行なっていたときには、「霊魂が再び戻ってこないように」ということで、玄関とは反対側から出すことが習慣となっ…

»詳細を見る

焼香(しょうこう)

仏式の葬儀では、霊前に香を供える「焼香」が行なわれますが、香を焚くことによって心身を浄化し、故人の冥福を祈るための作法です。会場のすみずみまでいきわたる芳香は、お釈迦様がすべての人に平等に向けてくださる…

»詳細を見る

精進落とし(しょうじんおとし)

「精進落とし」は、本来、四十九日までは肉・魚を使用しない精進料理を食べていた遺族が、四十九日を過ぎて通常の食生活に戻る忌明けに行なわれていたものです。四十九日までの忌中の間は、仏教の教えによって「殺生の…

»詳細を見る

精進料理(しょうじんりょうり)

仏の教えに従い、ひたすら修行をつとめることを“精進する”といい、精進は悟りを開くためにとても重要なプロセスとなるのです。

仏教には殺生を戒める教えがあるため、生き物の命を奪うことになる肉や魚は食しま…

»詳細を見る

祥月命日(しょうつきめいにち)

「祥月命日」は、一周忌以降の、亡くなった日と同じ月日(命日)のことを言います。

一周忌、三回忌、七回忌などの「年忌法要」は、この「祥月命日」に行われるもので、「年忌法要」の年にあたる「祥月命日」に、…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.